工芸品

端午の節句

純銀製兜 「龍」 中 <武比古作>

純銀製兜 「龍」 中 <武比古作>

男児の健やかな成長と躍進を祈念し、身を護るものの象徴として端午の節句に飾られてきた兜。GINZA TANAKAの純銀兜は、「錺(かざり)職」の技の継承者である伝統工芸士・関武比古が、手仕事で丹精込めて仕立てた傑作です。熟練の技と意匠に満ちた兜飾りは、お子様やお孫様の願いを託すにふさわしい品格を備えています。

※ガラスケース(高さ約29×幅約26.5×奥行約18cm)・化粧箱付

金銀工芸家・伝統工芸士 関 武比古(せき たけひこ)
1936年、工匠・武比古の長男として生まれる。父につき家業の「錺(かざり)職」の技を身につけ、貴金属美術工芸の第一人者として活躍。1996年、二代目・武比古を受け継ぐ。2001年、黄綬褒章受章。
価格
154,300円(税込)
型番
S74UJ33K
材質
シルバー
素材
SV
サイズ
本体:高さ約13.5×幅約15cm
お届け期間
約2週間
※ご注文状況によりお渡しまで記載以上頂戴する場合がございます。

純銀製兜 「龍」 中 <武比古作>

  • 純銀製兜 「龍」 中 <武比古作>
  • 純銀製兜 「龍」 中 <武比古作>
  • 純銀製兜 「龍」 中 <武比古作>

 

now loading ...

now loading ...

now loading ...

now loading ...

now loading ...

now loading ...

now loading ...